「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)の興収を3日間でぬりかえイタリア映画史上興収No.1の大ヒット作!!
Viva!公務員 QUO VADO? (イタリア映画祭2016上映時の邦題『オレはどこへ行く?』
イタリア映画記者協会賞 最優秀プロデューサー賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀助演女優賞/ナストロ・ダルジェント賞 最優秀プロデューサー賞/
バリ国際映画祭 最優秀助演女優賞/イタリア・コンテンポラリー映画祭 観客賞/イタリア映画祭2016上映作品
監督・原案・脚本:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 主演:ケッコ・ザローネ  原題:QUO VADO? 英題:Where Am I Going? 2015年/イタリア/デジタル/86分


 イタリア映画歴代興行収入トップの大記録を打ち立てたコメディ。
 子供のころからの夢だった
 安定した終身雇用の職=公務員に就いて15年のケッコ。
 だが、ある日、政府による公務員削減の対象になってしまった…

 
Viva!公務員 写真


                         ≪コメント≫

  これぞ、イタリア!
  過酷な状況にめげず、陽気に愉快に新たな人生を見出していく公務員に乾杯!
   矢澤利弘さん(県立広島大学教授)


  映画が始まり数十秒でこの作品を信用しました。
  主演・ケッコ・ザローネの喜劇俳優としての非凡な才能に驚愕!
  本作を通じて彼の存在が日本中に拡散される事を願います。
       コトブキツカサさん(映画パーソナリティ)


  イタリアのステレオタイプをジョークにし、人生について考えさせてくれるとてもカラフルな映画。
  笑いが止らない超楽しいコメディ!
           ベリッシモ・フランチェスコさん(料理研究家、エッセイスト)


  トロイージの『イル・ポスティーノ』は素朴な笑いが涙を誘った。
  ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』には闇に立ち向かう勇気を見た。
  そして今、ケッコ・ザローネの『Viva! 公務員』がやって来る。イタリアを圧倒した底抜けの笑い。
  ぼくらは何を見て、どんな風に笑い、いったいどこに連れてゆかれるのか。こいつはぜったい見逃せない。

                                           押場靖志先生(日伊協会イタリア語講座主任)



                           ≪海外コメント≫

 最初から最後まで笑いっぱなしでした
                      イタリア首相 マッテオ・レンツィ ≪Independent誌 2016年1月9日≫


 ありがとう ケッコ・ザローネ!
                      イタリア文化観光大臣 ダリオ・フランチェスキーニ ≪Independent誌 2016年1月9日≫


 『Viva!公務員』はイタリアン・スピリットそのものだ!
                        Beppe Severgnini ≪ニューヨーク・タイムズ紙≫




キャスト
  • ケッコ        ケッコ・ザローネ
  • ヴァレリア      エレオノーラ・ジョヴァナルディ
  • シローニ女史     ソニア・ベルガマスコ
  • ケッコの父ペッピーノ マウリツィオ・ミケーリ
  • ケッコの母カテリーナ ルドヴィカ・モドゥーニョ
  • マーニョ大臣     ニンニ・ブルスケッタ
  • 観測隊員       パオロ・ピエロボン
  • ケッコの婚約者    アッズッラ・マルティーノ
  • ビネット上院議員   リーノ・バンフィ

  • スタッフ
  • 監督・原案・脚本  ジェンナーロ・ヌンツィアンテ
  • 原案・脚本     ルカ・メディチ
  • 撮影監督      ヴィットリオ・オモデイ・ゾリーニ
  • 編集        ピエトロ・モラーナ
  • 美術        アレッサンドロ・ヴァンヌッチ/ヴァレリオ・ジラソーレ
  • 録音        マッシモ・シモネッティ
  • 音楽        ルカ・メディチ
  • 製作        ピエトロ・ヴァルセッキ
  • 製作会社      タオドゥエ・フィルム
  •        
            


    中年カップルの機敏を描き 国内外の賞を総なめに
    日々と雲行き GIORNI E NUVOLE
    イタリア・アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞/モスクワ国際映画祭 最優秀主演女優賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀主演女優賞/
    イタリア映画記者協会賞 最優秀主演女優賞/ローマ映画祭 特別賞/イタリア映画祭2008上映作品
    監督:シルヴィオ・ソルディーニ 出演:マルゲリータ・ブイ/アントニオ・アルバネーゼ  原題:GIORNI E NUVOLE 英題:DAYS AND CLOUDS 2007年/イタリア・スイス・フランス共同製作/デジタル/117分


     一人娘が成人し豪邸で仲睦まじく暮らす
     ミケーレとエルサのカップル。  だが、夫のミケーレが失業してしまう…
     イタリアを代表する俳優アントニオ・アルバネーゼと
     マルゲリータ・ブイ演じる中年夫婦を
     『ベニスで恋して』『風の痛み』のソルディーニ監督が見事に演出
     

    日々と雲行き 写真

                             ≪コメント≫


      自分ひとり幸せになっても意味がない。家族ごと幸せにならなければ。
      そんな思いが湧いてくる、往年のイタリア名画を 彷彿とさせる家族愛の名作が誕生した。    田中千世子
    さん(映画評論家)




    キャスト
  • エルサ     マルゲリータ・ブイ
  • ミケーレ    アントニオ・アルバネーゼ
  • ヴィト     ジュゼッペ・バッティストン
  • アリーチェ   アルバ・ロルヴァケル
  • スタッフ 
  • 監督      シルヴィオ・ソルディーニ
  • 脚本      ドリアーナ・レオンデフ/フランチェスコ・ピッコロ/フェデリカ・ポントレモリ/
            シルヴィオ・ソルディーニ
  • 撮影      ラミーロ・チビタ
  • 編集      カルロッタ・クリスティアーニ
  • 録音      フランソワ・ミュジー
  • 美術      パオラ・ビッザッリ
  • 衣装      シルヴィア・ネビオーロ/パトリツィア・マッツォン
  • プロデューサー リオネッロ・チェッリ
  •        
         


    反マフィアで有名なイタリアの判事が「マフィア映画のベストワン!」と絶賛し大ヒット!
    マフィアは夏にしか殺(や)らない LA MAFIA UCCIDE SOLO D'ESTATE
    イタリア・アカデミー賞新人監督賞・青少年審査員賞/イタリア・ゴールデングローブ賞 最優秀脚本賞/イタリア映画記者協会賞 新人監督賞・最優秀脚本賞/
    トリノ映画祭 観客賞/ゴールデンCIAK賞 脚本賞・編集賞/バンピ・ペリ映画祭 作品賞・話題賞/ブストアルシツィオ映画祭 観客賞・脚本賞/
    バリ国際映画祭 作品賞/アヌシー・イタリア映画祭 グランプリ/イタリア映画祭2014上映作品
    監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト 出演:ピフ/クリスティアーナ・カポトンディ 2013年/イタリア/デジタル/90分
    原題:La mafia uccide solo d'estate 英題:The mafia kills only in summer 提供:オンリー・ハーツ

     反マフィアで知られるピエトロ・グラッソ判事が
     「マフィア映画のベスト!」と絶賛し、
     イタリアで大ヒットした作品。
     役者として活躍するピフが、
     本名のピエルフランチェスコ・ディリベルト名で
     初監督し、デビュー作にして、国内外の数多くの映画賞を受賞
     なお、ピフは本作で監督と主演以外、原案と脚本と4役を務めている

    マフィアは夏にしか殺(や)らない 写真
    キャスト
  • フローラ        クリスティアーナ・カポトンディ
  • フローラ(幼少期)   シネヴラ・アントーン
  • アルトゥーロ      ピフ
  • アルトゥーロ(幼少期) アレックス・ビスコンティ
  • 代議士リーマ      トト・ボルジョーゼ

  • スタッフ 
  • 監督・原案・脚本   ピエルフランチェスコ・ディリベルト
  • 原案・脚本      ミケーレ・アストーリ/マルコ・マルターニ
  • 撮影監督       ロベルト・フォルツァ
  • 編集        クリスティアーノ・トラヴァッショーリ
  • 美術        マルチェッロ・ディ・カルコ
  • 録音        ルカ・ベントリン 
  • 音楽       サンティ・プルヴィレンティ
  • 製作       マリオ・ジャナーニ/ロレンツォ・ミエーリ
  • 製作会社       ワイルドサイド・ライ・チネマ
  •        
         





    上映劇場       東京以外 各地により上映作品は異なる場合があります
  • 関東
     東京 5月27日(土)~
    6月30日(金)
     ヒューマントラストシネマ有楽町
     ※6/17(土)以降は『Viva!公務員』のみの上映となります。
     ※6/17(土)~23(金)のタイムテーブル
      『Viva!公務員』16:15
     ※6/24(土)~30(金)のタイムテーブル
      『Viva!公務員』10:00/20:30
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシア・イトシアプラザ4F
    Tel:03-6259-8608

  • 中部
     名古屋 上映終了  名演小劇場 〒461-0005名古屋市東区東桜2丁目23番7号
    Tel:052-931-1701
     岐阜 7月1日(土)~  CINEX 〒420-0857岐阜県岐阜市日ノ出町2-20
    Tel:058-264-7151
     静岡 7月22日(土)~  静岡シネ・ギャラリー
     ※『Viva!公務員』のみ上映
    〒420-0857静岡県静岡市葵区御幸町11-14
    Tel:054-273-7450

  • 近畿
     大阪 6月24日(土)~  シネ・リーブル梅田 〒531-6003 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88梅田スカイビルタワーイースト3・4F
    Tel:06-6440-5930
     兵庫 上映予定  神戸 元町映画館 〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12
    Tel:078-366-2636







  •        
         

    予告動画

















                                                                                    宣伝デザイン:潟見 陽  
                                                                                    宣伝パブリシティ:スリーピン  
                                                                                    予告編:前島誠二郎  
                                                                                    配給:パンドラ